HOME>アーカイブ>骨の量が不足している場合も治療が可能になることも

骨量を調べてみよう

インプラント

歯を無くした場合は入れ歯やブリッジによる治療を選ぶこともできますが、審美性で劣ることや、周囲の歯に影響が出ることに抵抗を感じる人もいます。できることなら、周囲の歯に負担を掛けず、本物の歯に近い見た目や機能を得たいと考えている人もあるのではないでしょうか。そのような場合はインプラントも検討したいところです。人工歯根を埋め込むには十分な骨量も必要ですので、まずは検査を受けてみましょう。骨量が不足している場合は、以前は治療を断られることも少なくありませんでした。現在では、骨移植の技術も進んでおり、以前はインプラントが難しかった症例にも対応できるようになっています。

骨を増やす治療を行おう

女性

検査の結果、骨の量が十分であった場合はそのまま治療へと進んでいくことができます。骨の量が少ない人は、そのままでは埋入も難しくなりますし、埋め込んだ場合でも早期に脱落する可能性があります。それゆえ、まずは骨移植や骨を増やす治療を行うことになります。こうした治療を行うことで、難症例にも対応できることが増えてきました。骨を移植する方法も、患者本人の骨を利用する方法と代用骨を利用する治療があります。自家骨を使う場合は、口腔内の別のところから骨を採取してインプラントを埋め込む部分に移植させます。

代用骨を利用する方法

治療器具

自家骨による骨移植だけではなく、代用骨を利用することで骨を増やすこともできます。GRB法と呼ばれる治療では、インプラント治療をしたい部位に骨補填剤を置き、その上に人工膜を置くことで骨の再生を促進していきます。まずは、骨を増やしてからインプラントを埋め込むこともできますし、埋入と同時に骨を増やす治療が行われることもあります。高い技術力を必要とする治療になりますので、骨移植で高い評価を受けている歯科医院を選ぶことも大切です。

広告募集中